パーソナルカラー診断受けてきた:後編

私のパーソナルカラーは「秋」と診断されました。(詳しくは「パーソナルカラー診断受けてきた:前編」をご覧ください)
パーソナルカラー診断受けてきた:前編

ベストカラー選出

続いて私にとって似合う色、ベストカラーの選出に入ります。

先ほど診断されたパーソナルカラーに則した色から選ばれるのかと思いきや、季節の垣根を越えてすべてのドレープを当てた上で似合う色を選んでくれました。

私のパーソナルカラーは秋でしたが、だからといって秋の色ならなんでも似あうわけでもなく、ほかの季節のカラーが全然似合わないわけでもないようなのです。


私に似合う色の一覧です。

秋っぽい色が多いですが、ブルーベース夏の色も含まれています。

全体的に平安&ハイブランドでよく使われている雰囲気の色が多く、青系、グレー系がほとんど似合わないようです(いっぱい持ってる)(泣)

お雛様の色味か…覚えやすいな。

こえり

Sちゃん

このエルメスっぽいオレンジ、私が何度も挑戦しては挫折している色…(泣笑)

先生

こえりさんは秋の色の中でもあまり濃くない色の方が合いますね。茶色も土色に近いものよりはレンガに近い色の方が似合います。

対するSちゃんのベストカラーはこちら

多い…

グレージュや薄鼠色など、冬・夏を中心としたニュアンスカラーが多く、たとえるなら江戸時代の粋な着物の色という感じでした。

ちなみに彼女はオレンジが鬼門なのですが、最初の診断の時点で分かりきっていたからか、オレンジ系のドレープは当てることすらしていませんでした。

先生正直すぎます笑

パーソナルカラー色見本帳と色見本カード


パーソナルカラー秋の色見本帳と色見本カードをいただきました。

秋の人に似合う色の布がずらっと並んでいるのですが、さらに私に似合う色にはシールで目印をつけてくださったので買い物をする時の参考にしやすくてすごく役に立っています。

Sちゃんは夏と冬で似合う色が半々くらいだったのでどちらをもらうか、はたまた追加料金を払ってもう一冊買うかで悩んでいたのですが結局夏の見本帳と冬の見本カードをもらえることになったのでとても助かっていました。

Sちゃん

追加で買わせてきてもおかしくない場面なのになんと商売っ気のないお方や…
心の底から信頼できる…

こえり

雑誌&コスメのアドバイス

続いて手持ちの雑誌やコスメを見せてアドバイスをいただきました。

私はファッション誌Oggiを、Sちゃんは色物コスメを持って臨みました。(二人で両方持って行ってももちろんOKだと思います。)

ファッション誌を見ながら似合う服をアドバイス

パーソナルカラーが秋の人には自然の素材が似合うとのことでした。

先生からおすすめされた私に似合う素材・服装は

リゾート風、アニマル柄、ファー、革、リネン、かごバッグ、大きめの柄、大ぶりのアクセサリーや太ベルト、ラウンドトゥの靴etc.

似合わないのは

コンサバ、ポインテッドトゥ、メタリック、首元が詰まった服、ボリュームのある袖etc
でした。

それを踏まえて雑誌をめくり、似合う服があった時は付箋をつけてくれます。

先生に雑誌を見せると「こえりさんはオッジよりもバイラの方が似合う服が多い気がするけど…」と心配顔でしたが、この号はむしろ私に似合う服ばかり載っていたようで付箋も大量に貼ってくれました。

この号のOggiはバイブルにします。

ちなみにパーソナルカラーが真逆のSちゃんとは似合う服もやっぱり真逆で、私の持ってきた雑誌にはSちゃんに似合う服はほとんどありませんでした…。

先生

このグレーのシャツはSさんが着るととっても素敵ですけど、こえりさんが着ると作業着っぽくなっちゃいますね。
作業着!w
経験則ではその通りですw

こえり

先生

逆にこっちのベージュのシャツはこえりさんにすごく似合いますけど、Sさんが着ると終戦後に旦那の帰還を待ってる人妻みたいになりますね…

Sちゃん

www
確かにこういうの着ると本当に貧相になっちゃうんです!

この形容、的を射すぎているので友達にパーソナルカラー診断をおすすめする時の例えで毎回使わせてもらっています。

手持ちコスメへのアドバイス

Sちゃんがどっさり持ってきた色物コスメについてアドバイスをしてもらいました。
Sちゃんの傾向として、アイシャドウ、チークはプチプラでいろいろ手を出している。オレンジなどの暖色系に憧れているが似合わない→諦められなくて別のオレンジ系コスメを買ってまた撃沈、という悲しいループの渦中にいる。

リップ、下地→デパコスで購入していることが多い。

先生

リップと下地はみんなちゃんと似合う色だと思いますよ。ただアイシャドウ達は…これはこえりさんが似合う色だね(苦笑)
(BAさんのおかげかシビアに判断して買ってるからか)デパコスはあんまり失敗しないよね。

こえり

Sちゃん

ちなみにこのアイシャドーは日本未発売だったんでメルカリで買いました。(ドヤ)
次から次へとオレンジ・コーラル系のシャドーが出てくる…(ごくり)

こえり

先生

……(苦笑)
こえりさんにあげましょう。(バッサリ)
後日談
しばらくオレンジやコーラル系のコスメを諦めきれなかったSちゃんですが、パープルやシルバー系のコスメを付けたら透明感も血色のよさもレベルアップしたことで吹っ切れたそうです。
オレンジ・コーラル系のコスメをみんなくれたので私自身は向こう5年くらいアイシャドーを買わずに済みそうです。

メイクサービス

かなり時間ぎりぎりになってしまったのですが最後にメイクのサービスをしていただきました。

似合う色のアイシャドウ、チーク、リップを先生が選び(必要があればブレンドをして)、付けてくれます。

すっぴんの肌へ直接色物を乗せたので最初はとまどったのですが、乗せた瞬間から肌色が明るくなり、さらに数時間後に色が馴染んでからはノーファンデとは思えないほどの血色のよさ。

似合う色を身に着けるだけでここまで印象が変わるということに二人で感動しました。

まとめ:パーソナルカラーを知ったら世界の解像度があがった

パーソナルカラー診断のだいたいの流れを感じていただけましたでしょうか。
受診後はそのままSちゃんとウインドーショッピングに繰り出し二人で復習をしたのですが、それ以降道行く人たちの服装や色使いも気になるようになって、世界の解像度が一つ上がった気がしています。

今までは私がつけるとゴミみたいに見えるラメもSちゃんがつけると涼やかに見える、逆に彼女がつけるとゴミみたいに見えるラメを私がつけるとスッとなじむ、ということがよくあったので、二人で買い物に行くときはその差を楽しんでいたのですが、長年の謎がきれいに融けていきました。

おしゃれに興味が湧いただけではなく世界を見る目が変わったので、気になった方はぜひ簡易版だけでもいいので受けてください。

こちらも併せてどうぞ。
パーソナルカラー診断を受けることで得られるメリット3選 パーソナルカラー診断前に不安だった3つのこと