旅の目的と旅先の選定

今回の旅の目的

4月から1年の期間限定で無職…おっと、学生生活を送っている私。
学生の本分である勉強に励み妹&甥っ子(近所住み)と遊び、それなりに充実した日々を送っていましたが、私にはやりたいことがありました。

それはヨーロッパでまったり一人旅をするということ。

退職前の2年ほど「自分に向きあって本当にやりたいことを見つける」というキラキラした自己啓発作業を続けてきたのですが、そのときに導き出した理想のライフスタイルというのが「年に2ヶ月くらいヨーロッパに滞在できるような生活をする」でした。

(他にも「山や自然に囲まれた場所に住む」「きれいな海が見える場所に別宅を構える」「パソコン1台で仕事をする」など、理想をたくさん書き出しましたがそれはまた機会があれば。)

今すぐそんな生活はできないけれど、それに近い行動をすることで「この理想をかなえるために頑張ろう」とモチベーションも上がるはず。という取らぬ狸のなんとやらな期待もあったりなかったり。

予算と学校との兼ね合いを考えると2週間くらいは旅行にいけそうでした。

旅行先の選定

ロンドン

一度行ったことがあるのですが住みたいほど好きな街です。友人が留学しているので一緒に観光したり遊びたいと思い、まっさきに行き先として決定しました。

ハンガリー

次に外せないと選んだのはハンガリーでした。

一年前にウィーン一人旅をしたとき、ハンガリーの首都ブダペストに1泊する予定でホテルの予約も入れていました。

けれど当時は大量の難民がブダペストに殺到しているというニュースが日々報道されていて、ブダペストからウィーンに戻る列車の状況がどんな感じなのかというリアルな情報がほとんど入ってきませんでした。

国境手前で折り返すからオーストリアには入れない…なんていう情報もあり、真偽を確認する術がなかったので実際に戻れなかった時にリカバーできるだけの旅行日数ではないしと泣く泣くキャンセルをしたという経緯があります。

ベルリンorパリ

ドイツとフランスに友人が住んでいるので3人で会えないかと思って声をかけてみました。

候補地はドイツかフランスのどこかの都市。二人共どこにでも来てくれると言ってくれたのでブダペストからLCCで行ける都市の中から選ばせてもらい、ベルリンとパリに絞りました。

パリも大好きな街でしたが今回はまだ行ったことのないドイツに軍配があがり、ベルリンに決定しました。

スコットランド

数年前にインスタグラムでスコットランドの景色を見てからすっかり大好きになってしまった土地です。

スコットランド政府の観光用HPを見るのがなかば趣味となっていた時期もあるくらい。

田舎の方へ行くには日程や交通手段などの面から難しそうだったのですが、ロンドンに行く前にエジンバラかグラスゴーにちょっと寄るのであればなんとかねじ込めそう。

それに「イギリスの田園風景は世界一美しい」と聞いたことがあります。それならばロンドン入りは鉄道で…と夢が広がってきました。

決定!

というわけで行き先はブダペスト→ベルリン→エジンバラ→ロンドンの3か国4地域。

ちなみにほかの候補地としては
クロアチア
ポーランド
バルト三国
イタリア(フィレンツェ)あたりが最後まで候補に入っていました。

旅の準備

一人旅だとホテルも現地で決めるという人も多いけど私は日本にいるうちにじっくり決める派。

飛び込みでのホテル決定は十代の頃に何か所かでやってみたけど交渉などが面倒だったので「日本でできる面倒は旅行前に終わらせておく」というモットーで動いてます。

ホテルのほかには
長距離列車のチケット
レストラン
レンタルWi-Fiの申し込み
両替の事前申請
観光地の予約
エステの予約
なども事前に予約しておくことで旅行中の手間がだいぶ省けます。
一人旅では予約が必要なほどのレストランには行かないしエステの予定もありませんがそれ以外は予約して臨みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です