ベルリン到着!シェーネフェルト空港から市内へ移動

ブダペストからシェーネフェルトまではEasy Jetで1時間半

ブダペストのリスト・フェレンツ空港からベルリンのシェーネフェルト空港までLCCのEasy Jetを利用しました。(予約方法はLCCでヨーロッパを移動する!easyJetの航空券予約方法にて解説しています)
ブダペストを14:15に出発し、ベルリンには15:45に到着します。国際線のフライトは「出発到着時間はわかったけど、で、結局何時間乗るの?」と思うことも多いのですが、ハンガリーとドイツでは時差がないのでそのまま約1時間半のフライトです。
LCCでの移動ってどんなものかなーと思っていたのですが実際はヨーロッパ内を移動する他の航空会社と比べても遜色ありませんでした。トイレも利用する必要のないほど短時間のフライトだったのもあり、問題なく過ごすことができました。
ベルリンではヨーロッパ(ドイツ&フランス)在住の友人たちと合流して一緒に観光する予定です。待ち合わせ場所すら決めていないほどのぶっつけ本番旅なので、行きたいところくらいはピックアップしておこうと思いフライト中はガイドブックをチェックして過ごしました。

一目で住みたくなった!ベルリンに到着

ベルリンの第一印象はずばり「安全」「清潔」。
その前のブダペストは観光地なのもありガヤガヤした雰囲気だったのですが、ベルリンは観光地というよりも都市のイメージが強いのでその落差かな?明日合流する友達から口すっぱくスリに注意と言われていたのですが、それがなければかなり油断してしまうほど安全そうな雰囲気でした。

着いた瞬間の肌感覚は

「あ、ここは安全だわ」

街中も清潔だしロンドンに行った時以来の「住みたい!」な印象でした。ドイツとイギリスに日本人が多い理由がなんとなくわかります。(その後現地でお話した人に熱く「ベルリンはすごくcleanでtidy!」って誉めたけどピンときてもらえなかった)

バスの中からみた感じでは古い建物はあまりなく、ここ2~30年で建てられたような家が多いようでした。(敗戦国だからなのか旧共産圏だったからなのか…)

ベルリン シェーネフェルト空港から市内へのアクセス

宿泊ホテルはUバーンのgüntzelstraße駅から歩いてすぐだったので、シェーネフェルトからはRudow(ルードー)駅までバスで向かい、そこから地下鉄で向かいました。U7線のberliner straßeでU9線に乗り換えて一駅です。
バス乗り場には多くの人がいたのですが、なぜか列らしきものは特になくぼんやり人が集まっています。不思議に思っていたのですがバスが到着して謎が解けました。日本の大型バス2台分はあろうかという長さのバスに対し乗降口がいくつかあり、元々ワンデーパス等のチケットを持っている人はどこからでも入ってOKというシステムのようです。
私はチケットを運転手さんから買いたかったので前方の入口から乗車しました。前方のドアから乗車するのは私と同じようにチケットを直接購入する人たちばかりだったので、やっと購入できた頃には当然ながら席は埋まっていました。
シェーネフェルト空港からルードー駅までは10分程度で到着しますが、すごく疲れているとか荷物が多くて座りたいという場合は事前にチケットを購入して真ん中や後ろの出入口から乗れば座りやすいです。
ちなみにシェーネフェルト空港は近いうちに閉鎖することが決まっています。旧東ドイツ唯一の空港だったシェーネフェルトに行ってみたいという方は早めに行かないとなくなってしまいますよー!

ホテルまでのルートを確認しているうちに終点ルードー駅に到着しました。電車のチケットはいくつか種類があるのですが、明日友人達と合流してからどれを買えばいいのか相談することにして今日はとりあえずその日の分のみを購入しました。
電車の乗り方もわかりやすく、車内も安全な雰囲気だったのですんなりホテルまでたどり着けました。

余談ですがビルを見てほっとしている自分に気づいたのが意外でした。一年ぶりの海外とブダペストのガヤガヤした雰囲気に気づかないうちに気を張っていたんだな…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です