搭乗前に空港でやること(おまけ)

今回ご紹介するのは空港についてから搭乗するまでの間に私が必ずやっていることです。搭乗者全員が必ずやることについては搭乗前に空港でやること(必須編)の記事をご覧ください。

通信を空港Wi-Fiに切り替える

モバイル通信を切って空港が提供している無料Wi-Fiに登録しています。我ながらそんなに慌てて切る必要はないかもな、とは思うのですが海外でうっかり通信してしまわないためにも早めに(覚えているうちに)通信をオフにしています。
空港によってメールアドレスなどの登録が必要になりますが、世界中どこの空港でもだいたいWi-Fiが提供されています。

外貨両替

海外旅行をするときは毎回マネーパートナーズの外貨両替サービスを利用しています。事前にWEB上で両替の手続きをしておけば、当日は受付番号と名前を記入するだけでお金を受け取ることができます。銀行や両替所で両替するよりも手数料が安いので重宝しています。

マネーパートナーズで両替するメリットとデメリット

個人的に感じているマネパ両替のメリットとデメリットは以下の通りです。
メリット
・銀行口座から直接お金を移動できる
・手数料がやすい
・空港で受け取れる
・両替カウンターが混雑していても優先的に両替してもらえる
・申し込みした時点でのレートで両替をすることができる
デメリット
・受取りの依頼期限が早い
・先進国であれば少額の買い物やチップにもカードが使えるので、両替をして現金を持ち歩く必要がなくなるかも

出発の2週間くらい前には受取依頼をかけることになるので突発的な海外旅行には使えませんが、銀行口座からお金を移動できるのが地味に便利です。例えば毎月旅行用積立として決まった金額をマネパに移動させておくことで旅行前後の金銭的な痛手をカバーすることも可能です。
個人的には次回以降の旅行では主な支払いをマネパカードに切り替え最低限の現金のみ両替する予定です。両替額が多くなればなるほど手数料の差が響いてくるので現金派の両替は引き続きマネパの外貨両替を強くお勧めします。

失敗談

…と意識高くメリットデメリットを紹介しましたが実は前回の旅行の際に申し込み期限を過ぎてしまい、マネパ内での両替は完了したのに受け取れないという失敗を犯しました。そのためマネーパートナーズの口座内には宙に浮いたユーロが10万円分ほどありました。
今回の旅行ではその時に両替しておいたユーロを空港で受け取り、ハンガリーの通貨フォリントやイギリスの通貨ポンドへは現地で都度両替をする予定です。

Wi-Fiレンタル

事前にオンラインで申し込みをして空港で受け取っています。
以前はその都度お得な会社を比較してレンタルしていましたが、その中で個人的に一番満足度が高いのがグローバルWiFi
他の会社でレンタルした機器は三時間ももたずに電池が切れてしまったことが多く、かといって必要な時まで電源を入れないでいたら一度も電源を入れない内に電池が切れてしまっていて結局丸一日使えなかった…なんてこともありました。
グローバルWi-Fiの公式HPでは3~5時間しか電池がもたないとアナウンスされています。個体差だとは思いますが、今までここで借りた機器は全て余裕で丸一日もっているのでよっぽどのことがない限りは今後もここでレンタルすると思います。

免税品の購入・食事など

制限区域に入ったらあとは搭乗するだけ!搭乗時刻までは買い物や食事、ソファーでまったり等お好きな過ごし方ができます。
私は特に買い物が好きな訳ではないので日本の空港ではかるーく見てからカフェやバーに入っています。普段使いの化粧品やスキンケア用品があれば購入していますが、最近は免税店に置いてあるような高級な物は使ってないので旅先で使うスキンケアが足りてなければ調達するかな、というくらいです。

ゴールドカードを持っている人はラウンジを利用すれば飲み物などが無料で提供されます。最近は年会費の安いゴールドカードもたくさんあるので旅行に行く回数の多い人はゴールドを検討してみましょう。
(ラウンジは混んでいることも多いので私自身はバー等でお金を払ってまったりする方が多いです。)
楽天ゴールドカード

着替え・スキンケア

飛行機内での健康・美容対策です。

着替え

着替え、といってもエコノミークラス症候群防止のためにタイツやストッキングを脱いでメディキュットに履きかえるくらいです。商品ラインとしては昼用や寝るとき用など様々なラインナップがありますが、私はいつも寝るとき用の着圧高めのものを使用しています。飛行機以外でも、旅行中は観光で足が棒になるまで歩くことが多いので夜寝る時も手放せません。

クレンジング・スキンケア

機内は乾燥するのでメイクを落としてスキンケアまで終わらせ
てマスクをします。よく「飛行機の中でパックしてます!」というおしゃれ女性がいますよね。私もやってみたいとは思っているのですがいざとなると恥ずかしくて一度もやったことはありません…。機内のトイレでスキンケアをする気にもならないので空港のお手洗いでケアをしておくことにしています。

スマホを機内モードに切り替える

飛行機に搭乗したらスマホを機内モードに切り替えます。これにより機内でもスマホが使用できるので機内食などの写真を撮ることができるようになります。
※機内モードになっていても離着陸時や指示のあった時は電源を切りましょう。

次回はまた旅行記に戻り機内編をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です