搭乗前に空港でやること(必須編)

基本的に世界中どこの空港でも掲示板や看板に書かれている通りに誘導されていけば問題なく目的地には着ける(はず)なのですが、慣れるまではそれでも不安になってしまうもの。
私自身も旅行のたびに何をしなくちゃいけないのかわからなくなってしまうので、これから2回にわたって空港に着いてから飛行機に乗るまでの間にしなければならないこと・必須ではないけれど私がしていることを紹介します。今回は「搭乗前に空港でやること(必須編)」のご紹介です。出発前のシミュレーションにご活用ください。

航空会社のカウンターの場所を探す

空港に到着したらまずは電光掲示板(または液晶の案内板)をで自分が乗るフライトを探します。
案内板には
・行き先
・便名
・出発時間(搭乗券に記載されている時間から変更になっている場合あり)
・カウンター名
が記載されています。
各カウンターの上には大きな文字でアルファベットが掲示されているので、該当するカウンターにチェックインと荷物の預け入れをしに行きます。

パスポートとeチケットを見せてチェックイン

航空会社のカウンターで印刷したeチケットとパスポートを見せ、チェックインをすると座席が確定し、搭乗券が印刷されます。
預け入れの荷物(スーツケース等)があればカウンター横のベルトコンベアに乗せます。

航空会社にもよりますが国際便の場合は出発の2時間前までにチェックインをする必要があります。さらに早い時間に設定されている場合もありますので予約確認書やeチケットは必ずご確認ください。
いい席は早く埋まりますし時間ギリギリのチェックインは混み合うので長距離のフライトほどなるべく早めに済ませておきたいところです。
また、カウンターの横にある自動チェックイン機や事前のオンラインチェックインを利用すればカウンターでの手続き時間が大幅に短縮されます。特にオンラインチェックインは出発の数十時間前からWEBでチェックインが完結する上、荷物預け入れの期限までにカウンターに行けばよくなるので時間に余裕が生まれます。積極的に活用しましょう。

荷物を預け入れる

自動チェックイン機やオンラインチェックインが済んでいて、かつ預け入れ荷物がない場合はこの項目は飛ばして次の「保安検査」へ進んでください。
チェックインと同時に預け入れ荷物(スーツケースなど)を預けます。自動チェックインやオンラインチェックインが済んでいる場合も搭乗券とパスポートを見せて荷物をベルトコンベアに乗せます。誤って手荷物を載せないようにご注意ください。
ベルトコンベアに荷物を載せると重量が表示されます。出発時にはあまり問題にはなりませんが、航空会社・クラスにより持ち込みできる重量に制限があります。お土産などを買いすぎて重量を超過している場合には超過料金を払う必要が生じるので十分ご注意を。
また、各航空会社により預け入れ荷物に入れられないもの・手荷物に入れられないものの規定がありますので荷造りの段階でHPを確認しておくことをお勧めします。
行きの時点で制限の重量までどのくらいの余裕があるのか分かっていればお土産の買いすぎを防ぐ目安になるのでちゃんと確認しておきましょう。

保安検査

出国ゲートを通過する際には保安検査が行われます。手荷物はX線で検査し、自身もセキュリティーゲートを通ります。
ここを通る時には液体は規定の量しか持ち込みができません。移動時に飲んでいたペットボトルとはここでお別れです。(※目的地までに飛行機の乗り継ぎをする場合、経由地でも再度手荷物検査があります。免税エリアで購入した液体は最初に乗る飛行機には持ち込めますが乗り換えたフライトには持ち込めません。化粧品やお酒などの液体を購入したい場合は経由地の免税エリアで買うように気を付けてください。
荷物・上着・金属をカゴに入れベルトコンベアに乗せ、自身も検査用のゲートをくぐります。その時に機内持ち込み用の液体(化粧品など)、スマホ・PC・Wi-Fi・充電器などはバッグから取り出して手荷物とは別のカゴに入れます。
慣れないとちょっと緊張しますが前に並んでいる人たちを見ていればだいたいの流れはわかるので大丈夫です。
ちなみに私は列に並んでいる間にアクセサリーを外して液体物と電子機器も用意しておいてます(はりきりすぎ)。

万が一引っかかってしまった場合は職員の人の指示に素直に(これ重要)従いましょう。

液体物の持ち込みについて(国際線)-成田空港HP
電子機器とゲーム機-成田空港HP

出国審査

パスポートと搭乗券を提示し、出国スタンプを押してもらいます。国によっては審査官の好きなページにスタンプを押されますが、日本では順番通りのきれいな場所に押されることが多いです。
特に何かを聞かれるわけではありませんがだいたい列ができているので定期的に旅行する場合はセルフ出入国の手続きをすることをおすすめします。初回の登録時は指紋の登録など若干時間がかかりますが、以降は専用ゲートでパスポートと搭乗券を読み込ませて顔と指紋の認識をさせるだけで出国審査が済んでしまうのでほとんどの場合で順番待ちが発生しません。スタンプがほしい人は申し出をすれば押してもらえるので思い出作り派にもおすすめ。

搭乗口は複数回チェックする習慣をつけるべき

出国審査が終われば免税エリアです。搭乗券や案内板に搭乗口と搭乗時刻が書いてあるので、搭乗までの時間は免税店を見るもよし、ソファーでまったりするもよし。どうぞゆっくり過ごしてください。
ただし、日本の空港ではほとんどありませんが搭乗口が突然変更になることがあるので注意が必要です。制限区域に入った時、搭乗口へ向かう前、搭乗口に着いてから実際に搭乗が始まるまで、の最低3回は案内板で確認をする習慣をつけておくと安心です。
搭乗口までたどり着いて油断していたら突然搭乗口が変わっていてさっきまで周りにいた人たちが移動していた…なんてことも珍しくありません。同じ便に乗りそうな人たちの動向も見つつ自分でも案内板は確認しておきましょう。
※特に海外ではアナウンスなく搭乗口が変わるのは日常茶飯事くらいに思っておいていいかと。

まとめ

空港では
・チェックイン&荷物の預け入れ
・保安検査
・出国審査
・時間までに搭乗口に集合しておく
ということさえ押さえておけばOKです。
こうして一覧で見てみると意外にスムーズにいけそうだと安心していただけたのではないでしょうか。
次回は必須ではありませんが私が搭乗前に必ずやっていることをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です